本文へスキップ

2020-21 クラブモットー
ひろげよう!
地域社会に奉仕の心を!
つなげよう!
友愛と強い絆の精神を!

薬物乱用防止活動NO TO DRUGS action

薬物乱用防止教室


小千谷ライオンズクラブは、2015年から未成年者の喫煙や飲酒、薬物の乱用を防止する啓蒙活動を行っています。
小千谷市内の小中学校ではすでに定着した活動になりました。

酒・たばこなど、身近にある依存性の高いものから、違法薬物のように中毒性の高いもの、
過剰に摂取すると心身に障害を起こす市販薬など、スライドを交えてその怖さを伝えています。


教室日程 (2020-21年度)

2020年 7月9日
片貝中学校 2年生
  11月25日
東小千谷中学校 3年生
  11月27日
南小学校 6年生
  12月2日
小千谷中学校 3年生
  12月4日
片貝小学校 6年生

教室のお申し込み

お申し込みは小千谷ライオンズクラブ事務局、またはお問い合わせページよりお申し込み下さい。


児童・生徒からの感想

各学校で開催した教室の感想やメッセージを、児童さん・生徒さんより寄せて頂きました。
一部を紹介させて頂きます。(クリックすると拡大します)

■小千谷市立 片貝中学校 2年生
(2020年7月9日開催)
祖父がタバコをやめるのに大変な思いをしていた。
誘われても「アイメッセージ」で勇気をもって断りたい。
電子タバコが有害だということも初めて知った。

(2019年7月2日開催)
芸能界でもよく聞くので気にかかった。
将来つらいことがあっても、薬物の誘いにはゼッタイ応じない。


■小千谷市立 小千谷小学校 6年生
(2020年1月22日開催)
やめようと思ってもやめられないのが薬物の怖さだと思いました。
講師さんの説明がとてもわかりやすいと思いました。

(2019年1月23日開催)
周りの大人はほとんど飲んでいるお酒にも依存があるということを知りました。
今日聞いた事をみんなに伝えて薬物ゼロの国になってほしいと思っています。


■小千谷市立 千田小学校 6年生
(2019年12月17日開催)
違法な薬物を持っているだけで罪になることを知った。
薬物で傷ついた脳は一生治らないと知ってびっくりした。

(2018年3月7日開催)
ぼくはさそわれてもきっぱりと断れるような強い自覚をもてるようにしたいです。
「ダメ。ゼッタイ」を思い出してきっぱりと断ることができるようにしたいです。
私はだいじょうぶと思っていても、もしかしたら...
他人や家族、友達など巻き込んでしまう事もよくわかりました。


■小千谷市立 片貝小学校 6年生
(2019年12月17日開催)
意外と身近にあると知って気を付けようと思った。
お酒・たばこ・薬物の危険性が良く分かった。


■小千谷市立 東小千谷小学校6年生・東山小学校5・6年生
(2019年12月3日開催)
声が聞きやすかった!DVDがわかりやすかった!面白かった!!
たばこをやめたという僕のおじいちゃんがどれだけ凄いかわかった。


■小千谷市立 和泉小学校 6年生
(2019年11月29日開催)
害があるのは知っていたけれど、こんなに体に影響あるとは思わなかった。
今回の教室で薬物の害を知ることができてうれしかった。

(2018年11月30日開催)
あんなにたくさんの薬物があるとは知りませんでした。
さそわれても断り、元気な体と元気な心をつくっていきたい。
一度傷ついた脳はもうなおらないと聞いておどろきました。


■小千谷市立 南小学校 6年生
(2019年11月22日開催)
たばこを吸うまわりの人のほうが3倍も病気になりやすい?
機会があったら、またこの教室に参加したい。
薬物が違う名前で売られてたりすることがわかった。

(2018年12月5日開催)
お酒やたばこの中に約1000種類以上の有害なものが入っていることを知りました。
あまりお酒を飲まない方が健康でいられると思いました。
薬物に誘われた時にはきっぱり断りたい。


■小千谷市立 小千谷中学校 3年生
(2019年7月24日開催)
小学校の薬物乱用教室で勉強して中学校でも同じ教室で勉強できてよかった。
捨て猫を拾ったことで薬物をやめ社会復帰した人の話を聞いたことがあります。

(2018年12月7日開催)
保健の授業で習っているところだったので復習のような感じで受けました。
病院で出された薬を間違った使い方をするだけでも「薬物乱用」になるんだなと思った。


■小千谷市立 東小千谷中学校 3年生
(2019年7月16日開催)
病院の薬も使い方を間違えると体に悪い影響を及ぼすことを始めて知りました。
映画やゲームなど犯罪を扱ったものが人気だが現実との区別をはっきりとしたい。

(2018年7月20日開催)
ネットなどで薬物など危ない事に巻き込まれるのは怖いと思った。
病院の薬でもまったく違う使い方をすれば乱用になることを初めて知りました。
父はたばこを吸っているがまるでやめる気がない。一度始めたら止められないのだと思う。

■小千谷市立 吉谷小学校 5・6年生
(2019年2月14日開催)
サンプルを見てみたらお菓子のようでわからないような色や形をしていた。
私のお父さんは私の近くでたばこを吸います。その場を避けたいと思いました。


■長岡市立 川口中学校 3年生
(2016年11月24日開催)
誘いに軽々のらないように、一度疑ってみることが大切だと思いました。
薬物は自分と周りの関係をも悪くする(自分の人生を台無しにする)ものだということがよくわかった。
高校生や中学生でも乱用することがあると知って割と身近だと感じました。


■小千谷市立 南中学校 3年生
(2016年12月5日開催)
実際の写真、数字やクイズも交えたりしてとても分かりやすかったです。
お酒やタバコも大人が飲んでいるからいいやと思うのではなく...
お父さんがたばこを吸っているけど、お父さんのためにもやめることをすすめたい。

皆さん。ありがとうございました。

薬物乱用防止 関連ページ

公益財団法人 麻薬・覚せい剤乱用防止センター
あやしいヤクブツ連絡ネット

小千谷ライオンズクラブ

事務局
〒947-0021
新潟県小千谷市本町2丁目1-5
小千谷商工福祉会館内3F

TEL 0258-83-2445
FAX 0258-86-6703